松川だるま

仙台の松川だるま

松川だるま:右横

松川だるま:正面

松川だるま:左横

商売繁盛のご利益を求める方におすすめ

こちらのド派手なだるまの置物は、商売繁盛のご利益を招きたい方におすすめな商品です。

一般的にいちばん有名な達磨である高崎だるまは、黒目が描かれておらず、ご自分で願いを込めて黒目を入れますが、こちらの松川だるまは最初から両方の黒目が描かれています。

これは仙台藩の初代藩主であり、病気のため、幼い頃に片目を失った伊達政宗が、片目のだるまを嫌がったためともいわれております。

また、松川だるまが派手な色合いなのも、派手好きな伊達政宗に喜んでもらうためともいわれています。

こちらの松川だるまは、ご自分のためにお買い求めになるのも、もちろん結構ですが、

「開店祝いの贈り物」

「胡蝶蘭やフラワーアレンジメントなどお花以外のお祝い品」

「お店の周年祝いのプレゼント」

などとして、お買い求めになるのもおすすめです。

☆由来について

江戸時代より仙台では、商売繁盛を願う縁起物として松川だるま(仙台だるま)があり、「七転び八起き」に因んで8体を並べて飾り、毎年1体を買い求めた替わりに1体をどんと祭等においてご神火で燃やすという風習がありました。

松川だるまは中心部などで開催されていた「歳の市(仲見世)」で買い求めるのが一般的であったが、高度経済成長期にあたる昭和40年頃に歳の市(仲見世)は行われなくなり、主要な販路が寺社の祭事での出店に変化しました。

また、支店経済都市である仙台では、中心部商店街の小売店がテナントビル化し、松川だるまを知らない東京や海外に本拠を置く店子が主に路面店として入るようになり、松川だるまの風習が衰退していった。

Wikipediaより

縁起物の取り扱い通販サイトと紹介について

こちらの「松川だるま」は、取り扱いを中止いたしております。何卒ご了承くださいませ。
取り扱い中止中

開運の置物

カエルの縁起物

福助の置物

お福さんの置物

招き猫の紹介

かわいい招き猫

外国人が喜ぶ日本のお土産

金運アップ招き猫

手の長い招き猫

陶器の招き猫

開運招き猫

招き猫の右手と左手

外国人向けお土産

 

七福神グッズ

七福神の置物

宝船の置物

 

冠婚葬祭グッズ

妊娠祝いのプレゼント

妊娠祝いの贈り物

出産祝いのプレゼント